代替肉の効果が凄い!代替肉の効果と効能について

当サイトの記事には広告が含まれます

代替肉とは何か

代替肉とは、動物の肉を使わずに、植物性や菌類、細胞培養技術などを利用して作られた肉のことを指します。
代替肉の製造には、大豆、小麦、豆腐、ナッツ、ココナッツ、きのこなどの植物性原料が使われます。

また、細胞培養技術を利用した培養肉も代替肉の一種として注目を集めています。
代替肉は、肉のような味や食感を持つため、肉を食べる人々にも受け入れられています。

代替肉と培養肉の違いを詳しく知りたい方は別記事で詳しく解説してます。

代替肉の注目されている理由

世界人口がついに2022年11月15日に世界人口が80億人を突破!
さらに2050年までに97億人に増えて、肉の消費も高まると予想され、食料難が懸念されてます。
話が大きくピント来ないですよね。
イメイジができるように簡単に要約すると、約1分間で160人増加してるんです。
想像が着いたかと思います。

また地球温暖化も深刻な問題で、
実は、牛のゲップには大量のメタンが含まれ、地球温暖化にもつながってるんです。
水不足も懸念されてますが、飼育に使う水も削減効果があります。

代替肉の効果と効能

動物性の肉に比べて栄養価が高い 代替肉には、植物性原料が豊富に含まれているため、動物性の肉よりも栄養価が高いとされています。
例えば、大豆を原料とした代替肉には、タンパク質、食物繊維、ビタミンB群、鉄分、カルシウムなどが含まれています。

健康効果

近年では生活習慣病のリスクが上がり糖質制限やダイエットでのカロリー制限に取り組む方も少なくないでしょう。

大豆を原料に作られた物なら、コレステロールが0です。
カロリーも豚肉と比べると役半分になります。
代替肉の糖質は、不飽和脂肪酸なので、血圧を下げる効果・動脈硬化を防ぐ効果があります。

ダイエット効果

代替肉には、ダイエット効果が期待できるとされています。

代替肉に含まれる食物繊維が腸内環境を整えるため、腸内環境が改善されることで、脂肪の吸収を抑えることができるとされています。

ただし、代替肉自体にもカロリーや糖質が含まれているため、摂取量を過剰にすると逆に太ってしまう恐れがあることに注意が必要です。
適切な量を摂取することが大切です。
また、代替肉を選ぶ際には、栄養価やカロリーなどを確認することが重要です。

代替肉を使ったダイエットメニュー

1・代替肉入りのサラダ

代替肉を炒めて、サラダに加えるだけで、低カロリーかつヘルシーなサラダが完成します。代替肉には、脂肪分が少なく、たんぱく質が豊富に含まれているため、ダイエットにも効果的です。

2・代替肉のグリル

代替肉をグリルして、野菜と一緒に食べると、美味しくて栄養価も高い食事になります。代替肉には、脂肪分が少なく、たんぱく質が豊富に含まれているため、ダイエットにも効果的です。

¥2,880 (2023/04/23 12:15時点 | Amazon調べ)
\最大15%ポイントアップ!/
Amazon

3・代替肉のカレー

代替肉を煮込んで、カレーに加えると、栄養たっぷりの美味しいカレーが完成します。代替肉には、脂肪分が少なく、たんぱく質が豊富に含まれているため、ダイエットにも効果的です。また、スパイスなどを加えることで、代替肉の風味も引き立ちます。

4・代替肉のスープ

代替肉を使ったスープは、低カロリーかつヘルシーで、ダイエットにも効果的です。代替肉には、脂肪分が少なく、たんぱく質が豊富に含まれているため、満腹感を得ることができます。また、野菜と一緒に食べることで、栄養バランスも良くなります。

以上のように、代替肉を使ったダイエットメニューは、美味しくて栄養価も高く、ダイエットにも効果的です。ただし、代替肉には、添加物や調味料が含まれる場合があるため、過剰な摂取には注意が必要です。

白米より健康食品の玄米

糖質制限に良い発芽玄米が『ネット限定』1㎏に500gを+して1,5㎏
のお得な発芽玄米を初めての方限定で780円(税込み)

白米2に対して発芽玄米1がオススメの美味しい食べ方です。
白米3㎏:発芽玄米1,5㎏で合計4,5㎏分の発芽玄米ご飯を780円で試せるお得なセット

\初めて購入限定送料ファンケル負担

\返品・交換・無期限保証『開封後もOK』/

代替肉アレルギー対策効果

大豆ミートは、大豆・ひよこ豆・えんどう豆を加工して作られた代替肉で、植物性のたんぱく質を豊富に含んでいます。アレルギーの原因となる卵や乳製品、小麦などを含まないため、アレルギー対策に適しています。

しかし、大豆アレルギーの方々もいます。日本では、大豆アレルギーは1,2%と言う事であまり知られていませんが困っている方々もいるのは事実ですが、大豆アレルギー対策商品は少ないですが、そら豆が注目されてます。

同じ豆類であっても、大豆とそら豆は属性が違うため、大豆アレルギーを回避するための代用食品に用いられることもある。加工もしやすく、栄養価も高い食材です。

代替肉の動物福祉効果

代替肉は、動物の命を救うだけでなく、動物福祉にも貢献することができます。畜産業では、多くの場合、動物たちは非常に劣悪な環境で飼育され、殺されるまでの間苦しむことがあります。一方、代替肉は、動物を必要としないため、畜産業の需要を減らすことができ、それに伴い、動物の苦しみを軽減することができます。

また、代替肉の生産には、従来の畜産業に比べて、水やエネルギーの使用量が少なくて済む場合があり、これは環境保護にもつながります。また、代替肉は、従来の肉と比べて脂肪分が少なく、コレステロールや飽和脂肪酸の含有量も低い場合があります。これらの効果から、代替肉を食べることで、心臓病や糖尿病などの病気の予防につながる可能性があります。

代替肉の環境効果

世界的に人口増加が加速してます。
2050年には、深刻な食料難・水不足・温暖化などが懸念されてます。

代替肉の環境効果は、畜産業と比較して大きく異なります。畜産業は、大量の穀物や豆類を消費し、大量の水とエネルギーを必要とするため、環境に対する負荷が非常に大きくなっています。また、畜産業は、大量の二酸化炭素やメタンなどの温室効果ガスを排出するため、気候変動にも貢献しています。

一方、代替肉の生産には、畜産業に比べて水やエネルギーをより効率的に使用することができます。また、代替肉の生産に必要な土地面積も畜産業に比べて小さくて済む場合があり、これは大規模な森林伐採を防止することにつながります。さらに、代替肉の生産には、大量の温室効果ガスを排出することがないため、気候変動に対してもプラスの影響を与えることができます。

これらの効果から、代替肉は地球環境に対して非常に有益であると言えます。代替肉の需要が増えることで、畜産業の需要が減少し、それに伴い、環境に対する負荷も減少することが期待できます。

代替肉の種類

  1. 大豆ミート 大豆を原材料として作られる代替肉で、味や食感が鶏肉や牛肉に似せられるよう加工されています。タンパク質やビタミン、ミネラルなども含まれており、肉を食べるのが難しいベジタリアンやヴィーガンにも適した食品です。
  2. 麩肉(ふうにく) 小麦粉から作られた繊維状の食品で、鶏肉や豚肉のような風味があります。栄養面では、ビタミンB群や食物繊維などが豊富で、ヴィーガンにとっても代替肉としての利用が可能です。
  3. 菌類ベースの代替肉 キノコ類やきのこ類などを原材料として作られる代替肉で、菌類自体にも肉に似た風味があるため、加工技術によって肉に近い味や食感に仕上げられます。
  4. 細胞培養肉 牛などの動物の細胞を培養して作られる肉で、実際に肉の筋肉組織を再現することができます。肉そのものと同じ栄養価を持ち、動物を殺さずに肉を生産することができるため、環境問題や動物福祉問題の解決にも期待されています。しかし、国内販売はまだありません。

まとめ

  • 代替肉の効果と効能について

    代替肉は、肉を食べたいけど健康や環境、動物福祉を考える人々にとって有用な選択肢となっています。豆腐や大豆、マッシュルーム、大麦など植物性素材を使用した代替肉には、健康や環境に良いとされる効果があります。また、アレルギーや宗教的な理由で肉を摂取できない人にとっても、代替肉は優れた食品選択肢です。ただし、完全な代替肉への移行はまだ進んでおらず、味や食感、栄養バランスなどの面で改善が必要です。今後も代替肉の開発や普及が進むことで、肉消費の減少や地球環境への負荷軽減が期待できます。
  • 代替肉の将来性

    代替肉は、肉の消費量が増える現代社会において、環境や健康、動物福祉に配慮しつつ肉を摂取するための新たな選択肢として注目されています。最近では、植物性素材を使用した代替肉だけでなく、細胞培養によって作られた培養肉の開発も進んでおり、今後の代替肉の進化に期待が寄せられています。また、代替肉には豊富な栄養素を含み、肉を摂取することによって得られる栄養素を補うことができます。しかしながら、現在の代替肉の味や食感には改善の余地があり、完全な代替肉への移行には時間がかかるとされています。それでも、代替肉の需要は増加傾向にあり、将来的には代替肉が肉消費の主流となることも予測されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました