【ベジタリアン】向け代用肉の選び方と使い方。ビーガンとの違い!

当サイトの記事には広告が含まれます

『ベジタリアン』とは、肉や魚介類などの動物性食品を食べず、野菜などの植物性食品を食べる人のことです。日本では『菜食主義者』とよばれています。

卵製品と乳製品を食べるか食べないかが本人の判断にゆだねられています。

一方、ビーガンと呼ばれる方々、日本では「完全菜食主義者」と言います。ベジタリアンとの違いは、主に卵製品と乳製品も一切口にしない方々を言います。とは、言っても実は、沢山の考え方から色々とあります。詳しくは、別記事にしますが、簡単にベジタリアン・ビーガンの種類を紹介します。
代用肉には、代替え肉と培養肉があります。詳しくこちらで紹介してます。

ベジタリアンの種類

  • ラクト・ベジタリアン 肉や魚介類、卵は食べません。乳製品を食べる方々。
  • オボ・ベジタリアン 肉や魚介類、乳製品は食べません。植物性食品と卵製品を食べる方々。
  • ポーヨー・ベジタリアン 植物性食品や魚介類、卵製品、乳製品、鶏肉を食べる人のことです。
  • ペスコ・ベジタリアン 肉は食べません。植物性食品や卵製品、乳製品、魚介類を食べる方々
  • オリエンタル・ベジタリアン 肉や魚貝類のほか、卵製品や乳製品、蜂蜜などの動物性食品を一切食べません。ビーガンと似てますが、精が着くと言われる野菜も食べない(ニラ、ニンニク、ネギ)などなどの野菜です。
  • セミ・ベジタリアン 基本的には、植物性食品を食べまさが、ある程度であれば動物性食品を食べる方々。決して自由にと言う訳ではありません。『セミ』は、ラテン語で半分と言う意味で、柔軟に判断する方々です。

ビーガンの種類

  • ビーガン 肉や魚貝類のほか、主に卵製品と乳製品も一切口にしない方々を言います。
  • フルータリアン 肉や魚貝類のほか、植物性食品も食べません。果実・種子類のみを食べる方々です。
  • ロー・ビーガン 基本的にビーガンと同じですが、生のものを食べる方々で、火を通さないとダメな時でも46度以上には加熱しません。

考え方や習わしでこれだけ変わって来ますよね。まず大切になって来るのは、原材料を確認する必要があるので、紹介して行きます。

ベジタリアン、代用肉の選び方

ベジタリアンの方にとって、代用肉は栄養バランスを保ちながら美味しい食事を楽しむための重要なアイテムです。しかし、代用肉を選ぶ際には原材料に注意を払う必要があります。ここでは、ベジタリアン向け代用肉を選ぶ際に原材料を確認する方法をご紹介します。

  1. ラベルを詳しく読む:代用肉のパッケージには、原材料が一覧表示されています。ベジタリアン向けの代用肉を選ぶためには、まず最初の数つの成分を注目しましょう。良質な原料として、大豆、豆腐、麦などが一般的です。これらの植物性原料が上位に表示されているか確認しましょう。また、遺伝子組み換え成分や合成添加物が含まれていないことも確認しましょう。
  2. アレルギー情報を確認する:代用肉には、アレルギー反応を引き起こす可能性のある原料が含まれている場合があります。自身がアレルギーを持っている場合は、ラベルに表示されているアレルギー情報を確認しましょう。特定のアレルギーに対して敏感な方は、特に注意が必要です。
  3. オーガニック製品を選ぶ:オーガニック代用肉は、有機栽培された原料を使用している場合があります。有機栽培は農薬や化学肥料の使用を制限し、環境に配慮した栽培方法です。もし環境への影響を考慮している場合は、オーガニック製品を選ぶことを検討してみてください。
  4. 製造元の情報を調べる:代用肉の品質と安全性は、製造元によっても異なります。信頼性のあるメーカーから製造された製品を選ぶことで、品質に対する信頼性が高まります。製造元のウェブサイトやレビューを調べることで、製品についての安全性が増します。

代用肉の種類を理解しょう

ベジタリアンの方にとって、代用肉はタンパク質摂取や料理のバリエーションを増やすための優れた選択肢です。しかし、代用肉の種類が多くあり、どれを選べば良いのか迷うこともあるかもしれません。ここでは、ベジタリアン向け代用肉の主な種類についてご紹介します。

  1. 大豆ベースの代用肉: 大豆はベジタリアン向け代用肉の主要な原料です。大豆から作られる代用肉は、テクスチャーや風味が肉に近く、タンパク質も豊富です。大豆ミート、大豆ベーコン、大豆ナゲットなどがあります。
  2. 野菜ベースの代用肉: 野菜を主成分とした代用肉も人気があります。主に野菜や穀物を組み合わせて作られており、栄養価の高い選択肢となります。野菜バーガー、野菜ソーセージ、野菜ミートボールなどが代表的です。
  3. きのこベースの代用肉: きのこは食材としての優れた特性を持っており、代用肉としても使われています。きのこを加工して作られた代用肉は、風味や食感が肉に似ているため、料理に使うと食欲をそそられます。きのこベーコン、きのこステーキ、きのこチキンなどがあります。
  4. グレインベースの代用肉: 穀物や豆類を主成分とした代用肉も広まっています。これらの代用肉は食物繊維やビタミンなどが豊富で、ヘルシーな選択肢となります。グレインバーガー、グレインチキン、グレインミートボールなどがあります。

代用肉は、ベジタリアンの食事において肉の代替となる重要な要素です。自身の好みや料理の目的に応じて、これらの代用肉の種類を選びましょう。

代用肉の栄養素を比較。

ベジタリアンの方にとって、代用肉は肉の代替品として重要な役割を果たします。しかし、代用肉の栄養価には違いがあり、自身の食事に適した選択をするためには栄養成分を比較することが重要です。以下では、ベジタリアン向け代用肉の栄養価を比較するポイントをご紹介します。

  1. タンパク質: 代用肉はタンパク質源として重要です。タンパク質は筋肉や細胞の修復に不可欠であり、バランスの取れた食事に欠かせません。異なる代用肉の製品を比較する際には、100gあたりのタンパク質量を確認しましょう。より高いタンパク質含有量を持つ製品が、より栄養価が高いと言えます。
  2. 脂質: 代用肉の脂質含有量も重要なポイントです。健康的な食事を実現するためには、適度な量の脂質を摂取することが必要です。代用肉のパッケージには、飽和脂肪酸やトランス脂肪酸の量を確認するための情報が記載されています。できるだけ低脂肪の製品を選ぶか、ヘルシーな脂質源(例:植物性油)を使用しているかを確認しましょう。
  3. ビタミンとミネラル: 代用肉にはビタミンやミネラルが含まれる場合もあります。特にビタミンB12や鉄などの栄養素は、ベジタリアンの方にとって重要です。製品のラベルや製造元の情報を確認して、これらの栄養素が補われているかどうかを調べましょう。
  4. 食物繊維: 代用肉には食物繊維が含まれていることがあります。食物繊維は消化を促進し、健康な腸内環境をサポートします。
  5. 製品のラベルを注意深く読み、不要な添加物を避けるようにしましょう。
  6. 栄養成分の比較は、自身の食事目標や栄養ニーズに合った代用肉を選ぶために重要です。ラベルや製造元の情報を利用し、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養成分を比較して最適な選択をしましょう。また、健康的な食事のバランスを保つために、代用肉を他の植物性食材と組み合わせることもおすすめです。

人気代用肉ブランドを探す。

  1. ネクストミーツ株式会社:NEXTMEATS
  2. 株式会社上向き:SOYCLE
  3. マルコメ:ダイズラボ「大豆のお肉」
  4. 株式会社染野屋:SoMeat
  5. グリーンカルチャー株式会社:GreenMeat

通販で購入出来る人気ブランド

国内産大豆100% 大豆ミート (ひき肉風) 湯戻し5分 代用肉

\最大15%ポイントアップ!/
Amazon

大豆ミート ブロック500g 大豆ミート ベジタリアンフード ビーガンフード 大豆タンパク質 大豆代替食品 健康的な食品 大豆ミート からあげ ソイミート 大豆肉 植物肉 代替肉 タンパク質 酢豚 大豆のお肉

唐揚げなどのしっかりした肉料理に最適なのは、大豆ミート からあげ ソイミート 大豆肉 植物肉 代替肉 タンパク質 酢豚 大豆のお肉がオススメ

【ネクストミーツ】NEXT 焼肉 カルビ2.0 大豆ミート 代替肉 プラントベース 80g×5個 (冷凍) [ 動物性原料不使用 ]

グルテンミート『セイタン』

代用肉の調理方法を学ぶ

植物由来の代用肉は、多様な種類と形状で販売されており、さまざまな料理に活用することができます。以下では、いくつかの代用肉の種類とそれらの使い方を紹介します。

  1. 焼く: 代用肉を焼くことで、香ばしさや食感を楽しむことができます。フライパンやグリルで代用肉を加熱し、表面がこんがりと焼き目がつくまで調理しましょう。焼き加減や調理時間は好みに合わせて調整できます。
  2. 煮る: 代用肉を煮込むことで、旨味が染み込み、柔らかくなります。シチューやカレー、煮込み料理に代用肉を加えて一緒に煮込みましょう。低温でゆっくりと煮込むことで、代用肉がしっかりと味を吸い込みます。
  3. 炒める: 代用肉を炒めることで、香ばしさと食感を楽しむことができます。フライパンに油を熱し、代用肉を加えて炒めましょう。野菜と一緒に炒めることで、さらにおいしさを引き立てることができます。
  4. 挽肉として使う: ミンチ状の代用肉は、ハンバーグやミートソース、タコスなどの料理に使うことができます。フライパンで炒めたり、ソースと一緒に煮込んだりしながら、代用肉の旨味を引き出しましょう。

代用肉の調理方法は多岐にわたります。食材の特性や自身の好みに合わせて、焼く、煮る、炒める、揚げるなどさまざまな方法を試してみてください。また、代用肉には各種調味料やスパイスを加えることで味のバリエーションを豊かにすることもできます。醤油、ソース、ハーブ、スパイスなどを使って、独自の風味を作り出しましょう。

さらに、代用肉を他の食材と組み合わせることで新しい料理の可能性が広がります。野菜と一緒に炒めたり、サラダにトッピングしたり、パスタやピザの具材として活用したりすることができます。代用肉の食感や風味を引き立てるために、アレンジや組み合わせのアイデアを取り入れてみましょう。

代用肉を使った料理は、肉を使った従来のレシピに代えて取り入れることもできます。ハンバーガーやタコス、カレーやチリなど、お気に入りのレシピに代用肉を組み合わせてみてください。代用肉の特性に合わせて調理方法や調味料を調整し、おいしいベジタリアン・ビーガンの料理を楽しんでください。

代用肉を使った料理はアイデア次第で無限の可能性が広がります。自身の好みや食材の特性に合わせて、様々な調理方法を試してみてください。健康的でおいしい代替肉料理を楽しむことができます。

既存のレシピに代用肉を追加する

  1. グルテンミート(セイタン): グルテンミートは小麦グルテンから作られた代用肉で、ミンチタイプやフィレタイプ、ブロックタイプなどさまざまな形状があります。お湯で戻すことで肉のような食感になります。ハンバーガーやカレー、炒め物などに使用することができます。
  2. 豆腐: 豆腐は古くから使われている代用肉の一つです。豆腐は柔らかくて滑らかな食感を持ち、さまざまな料理に適しています。炒め物や煮物、スープなどに加えることで、ボリュームと栄養をプラスすることができます。
  3. 麸: 麸は大豆や小麦から作られる代用肉の一種で、繊維質の豊富な食材です。煮物や炒め物、カレーや煮込み料理に加えることで、食感と風味を楽しむことができます。
  4. ひよこ豆・レンズ豆: ひよこ豆やレンズ豆は豆類を使用した代用肉の素材です。これらの豆は煮ることで柔らかくなり、パテやベジバーガー、サラダなどに利用することができます。風味豊かで栄養価も高いため、多くの料理に幅広く使われています。
  5. 大豆ミート(ソイミート): 大豆ミートは大豆を加工して作られた代用肉です。インスタント商品もあり、お湯で戻すだけで使用できます。ボロネーゼソースやタコスフィリング、チリなど、肉の代替として幅広く利用されています。
  1. テンペ: テンペは大豆を発酵させた食品であり、代用肉の一つとしても人気があります。独特の風味と食感を持ち、炒め物やカレー、揚げ物などに利用することができます。タンパク質や食物繊維が豊富であり、健康的な選択肢となります。
¥1,350 (2023/05/24 21:56時点 | Amazon調べ)
\最大15%ポイントアップ!/
Amazon

これらの代用肉を使った料理のバリエーションは無限大です。ハンバーガーやサンドイッチ、パスタ、ライスボウル、スープ、サラダなど、お好みの料理に合わせてアレンジすることができます。また、他の植物性食材と組み合わせることで、より栄養バランスの良い食事を楽しむことができます。

代用肉を主役にしたレシピを試す

  1. パスタ料理: 代用肉をミンチタイプやブロックタイプで使ってボロネーゼソースやミートソースを作ることができます。代用肉を炒め、トマトソースやハーブと組み合わせて、ボリューム感のあるパスタ料理を作りましょう。
  1. カレー: 代用肉をフィレタイプやチキンストリップスタイプで使って、カレーに追加することで、肉の風味と食感を楽しむことができます。カレールーと一緒に煮込んで、ベジタリアン・ビーガンのカレーを味わってみてください。
  2. バーガー: 代用肉をハンバーガーパテとして使用することで、ベジタリアン・ビーガン向けのバーガーを作ることができます。バンズ、トッピング、ソースと組み合わせて、自分好みのヘルシーなバーガーを作ってみましょう。
  3. スープやシチュー: 代用肉をブロックタイプで使ってスープやシチューに加えることで、ボリューム感と栄養をプラスすることができます。野菜と一緒に煮込んで、ハートウォーミングな一品を作りましょう。
  4. 炒め物: 代用肉を炒め物に加えることで、既存の炒め物レシピに新たな風味を加えることができます。代用肉のテクスチャーと調味料の相性を考えながら、自分流の炒め物を作り上げてみてください。

代用肉を既存のレシピに追加する際には、代用肉の調理方法や推奨される組み合わせを参考にすると良いでしょう。また、自身の味覚や好みに合わせてアレンジすることも

代用肉を上手に保存する方法

代用肉を上手に保存することは、食材の鮮度を保ち、長期間にわたって利用するために重要です。肉と違い乾燥食品のため、冷凍しなくても長期保存が可能という利点もありますが以下に、代用肉を上手に保存する方法を簡潔にご紹介します。

  1. 冷蔵保存: 代用肉を開封した場合は、密閉容器に移し替えて冷蔵庫に保管しましょう。冷蔵庫の温度設定を低めにし、代用肉を風味や食感を損なわずに保つことができます。開封後はできるだけ早めに使用しましょう。
  2. 冷凍保存: 長期間保存する場合は、代用肉を冷凍する方法もおすすめです。未開封の代用肉は、そのまま冷凍庫に保管できます。開封した代用肉は、小分けにして密閉袋やラップで包み、空気を取り除いてから冷凍しましょう。必要な分量を取り出しやすくするために、個別に分けて冷凍するのも良い方法です。
  3. 日付ラベルを付ける: 代用肉を保存する際には、日付ラベルを付けることで管理しやすくなります。購入日や冷凍日を記入し、食材の鮮度を把握することができます。長期間保存する場合は、使用期限や賞味期限にも注意しましょう。
  4. 適切な容器を使用する: 代用肉を保存する際には、密閉性の高い容器やジップロックバッグを使用することで鮮度を保つことができます。空気や湿気の侵入を防ぎ、代用肉の品質を維持しましょう。
  5. 香りの移りを防ぐ: 代用肉は他の食材の香りを吸収しやすいため、強い香りを持つ食材や調味料とは別々に保存することが重要です。必要な場合は、個別にパッケージングするか、密閉容器を使用して香りの移りを防ぎましょう。
  1. 解凍方法に注意する: 代用肉を冷凍から解凍する際には、適切な方法を選びましょう。ゆっくりと冷蔵庫で解凍することで、食材の質を損なわずに解凍することができます。急速解凍は代用肉の風味や食感に影響を与える可能性があるため、できるだけ避けましょう。
  2. 再冷凍を避ける: 一度解凍した代用肉は、再度冷凍することは避けましょう。再冷凍すると食材の品質が劣化し、風味や食感が損なわれる可能性があります。必要な分量を解凍するように計画し、無駄を減らすことを心がけましょう。
  3. 使用前に確認する: 保存した代用肉を使用する前に、品質を確認しましょう。変色や異臭がある場合や、賞味期限を過ぎている場合は使用しないようにしましょう。食材の安全性を最優先に考え、新鮮な代用肉を選ぶことが重要です。

代用肉を上手に保存することで、経済的かつ効果的に利用することができます。鮮度を保ち、風味を損なわずに長期間保存するために、適切な冷蔵庫や冷凍庫の温度設定や容器の選択に気を配りましょう。代用肉を上手に保存することで、いつでも健康的でおいしいベジタリアン・ビーガン料理を楽しむことができます。

ベジタリアンやダイエットを希望する人に向けて、適切な代用肉の選び方と効果的な使い方を提供する。 効果: 健康的な食事を維持しながら、栄養摂取や食事のバリエーションを豊かにするために、ベジタリアン代用肉の選択と創造的な調理方法を紹介する。

まとめ

今回も最後まで読んでくださりありがとうございます(^^♪
いかがでしたか?ベジタリアンと一言で言っても様々な考えでこれだけ違います。
ベジタリアンの方々の健康管理のため栄養をしっかりと考えて頂く記事でした。


それに昨今ベジタリアンの方だけではなく広く多くの方々が注目してる代用肉。
まだまだ課題はあるものの今1番注目された食材です。

代用肉の安全性も気になりますね。詳しくこちらの記事で紹介してます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました